注目キーワード
  1. AMP
  2. SEO
  3. PWA

一目均衡表の研究

一目均衡表は、一目山人(ペンネーム)という人が研究に研究を重ねて考案した日本生まれのテクニカル分析です。
投資家の間ではとても人気のあるテクニカル指標ですが、数あるテクニカル指標の中で最も難しいものだと思います。 特に時間論などはかなり難しいので、一目均衡表を使っているという人たちも、「三役好転」や「雲抜け」といった 一目均衡表の初歩的な使い方しかしていない人が多いです。

下表は一目均衡表の計算方法です。5つの線を使用して分析を行います。特に、先行スパン1と先行スパン2で囲まれた 部分を雲とよび、この雲が抵抗線や支持線となります。

一目均衡表には3つの役があります。
それぞれの役は下表の通りです。この3つの役が全て好転となったときを「三役好転」といい、全て逆転となったときは 「三役逆転」といいます。そして「三役好転」は買いのチャンスと言われます。
ただし、一目均衡表は「時間論」「波動論」「水準論」という概念も用いて分析するので、「三役好転」になれば全て良い というわけではありません。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!