注目キーワード
  1. AMP
  2. SEO
  3. PWA

陽の陽はらみとは

陰の陰はらみ」と相対するのが「陽の陽はらみ」です。
相場のクライマックスを暗示するロウソク足の形状です(下図参照)。
これも簡単にバックテストしてみます。

-売買ルール-

[買いルール]・高値圏で大陽線が出現すること
・大陽線の後、小陽線が出現しその小陽線は大陽線にスッポリはらまっていること
[クローズルール]・終値が、購入後の最安値から10%上昇したら翌日売却する(利確)
・買値から終値が10%上昇したら翌日売却する(損切り)

陽の陽はらみの結果

「陰の陰はらみ」や「陽の陽はらみ」をテストしてみましたが、的中したときは、天底や天井をうまくとらえているように見えます。

そういう意味で、天底や天井を暗示していると言えると思います。

人間は何の印象もない単調な場面の記憶は残りにくく、大きな印象を受けた場面の記憶はいつまでも残るものです。

相場が大きく動いたときに大儲けや大損した経験があると、そのときのチャートの形状は記憶に残りやすくなります。

その形状が たまにしか出なくても、印象的な場面と結びついている場合は連合が強いので頻度も多く感じるものです。

そういう印象が経験則として受け継がれて来たのかもしれません。

群集心理がチャートに少なからず反映されているとするならば、チャートの形状が将来を暗示するというのはありえる話です。
羅針盤の一つとして考えてよいのではないでしょうか。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!