注目キーワード
  1. AMP
  2. SEO
  3. PWA
  • 2019年3月7日
  • 0件

一目均衡表の研究

一目均衡表は、一目山人(ペンネーム)という人が研究に研究を重ねて考案した日本生まれのテクニカル分析です。 投資家の間ではとても人気のあるテクニカル指標ですが、数あるテクニカル指標の中で最も難しいものだと思います。 特に時間論などはかなり難しいので、一目均衡表を使っているという人たちも、「三役好転」や […]

  • 2019年2月19日
  • 0件

陽の陽はらみとは

陰の陰はらみ」と相対するのが「陽の陽はらみ」です。 相場のクライマックスを暗示するロウソク足の形状です(下図参照)。 これも簡単にバックテストしてみます。 -売買ルール- [買いルール] ・高値圏で大陽線が出現すること ・大陽線の後、小陽線が出現しその小陽線は大陽線にスッポリはらまっていること [ク […]

  • 2019年1月18日
  • 2019年1月18日
  • 0件

陰の陰はらみとは

ロウソク足を発明したのは日本人です。 酒田五法とは本間宗久という相場師の一派が経験から編み出したテクニカル分析のことで、ロウソク足のパターンから今後の値動きを 予測する手法です。 この人は、事実上世界で始めてテクニカル分析を行った人とも言われています。 ちなみに、差金決済方式の先物取引所が世界で初め […]

  • 2019年1月11日
  • 0件

タートル・スープ

ートル・スープという有名な投資手法があります。日本語にすれば亀スープ(すっぽん汁?)です。 テクニカル分析のシグナルに「だまし」があった場合、ただ「だまし」として処理するのではなく、利用する手法です。 「ラリーウィリアムズの短期売買法」という本にも「ブレークアウト/ブレークダウンのだまし」を利用する […]

  • 2018年12月18日
  • 0件

ブレイクアウト手法の優位性はいかほど?

ブレイクアウトとは過去x日間の高値を株価が越えてきたときに購入するというルールを指します。今回はブレイクアウトが 株価上昇の狼煙となっているかどうか確認します。 一般にブレイクアウトというと過去x日間の高値を抜けることを条件としますが、今回は少し変わった条件にしています。 その意図は、他ではあまり見 […]

  • 2018年12月13日
  • 0件

サイコロジカルラインの検証

サイコロジカルラインはテクニカル派の人たちの間で「サイコロ」と略称されいる、オシレーター系のテクニカル指標の一つです。 サイコロジカルとは”心理的な”という意味です。株価が上昇する日が続くと「そろそろ反落するのではないか」、株価が下落する日が続くと 「そろそろ上昇するのではな […]

  • 2018年12月5日
  • 0件

ゴールデンクロスの検証

ゴールデンクロスとは移動平均線等の短期線が長期線を下から上に突き抜ける状態を意味しています。 逆に短期線が長期線を上から下に突き抜ける状態をデッドクロスといいます。ゴールデンクロス・デッドクロスはテクニカル分析を 学べば必ずといってもいいほどでてきます。 今回は、このゴールデンクロスを検証してみます […]

  • 2018年11月30日
  • 0件

ラリー・ウィリアムズの短期売買法

著者はロビンス・ワールドカップ・チャンピオンシップで1年で1万ドルを114万7,000ドル、11700%のリターンをあげた人物です。この業界で「ラリー・ウィリアムズ」の名前を知らない人はいないでしょう。 短期トレーダの間では投機の神様と呼ばれ、日本でも彼のセミナーが開催されることがあり、たいへん人気 […]

  • 2018年11月28日
  • 2018年11月28日
  • 0件

テクニカル分析の解説

長期投資では企業の成長性(本質的価値)を分析するためにファンダメンタル分析が主に用いられます。 短期投資では、投資期間が短くなるほど企業の財務状態などは軽視され、今後の株価が短期的に上がるのか下がるのかだけを予測することが重視されます。 テクニカル分析は過去の株価の動きから将来の株価を予想していくの […]

  • 2018年11月23日
  • 0件

「長期投資」と「短期投資」のどっちが良い?

「長期投資」と「短期投資」それぞれの主張 長期投資家Aと短期投資家Bのそれぞれの考えを聞いてみましょう。 A 「短期投資では1回のトレードあたりの利益が小さく、大きなリターンを得られない。」「成長性のある企業の株を購入して長期的に保有するのが本来の投資である。」 B 「株は長期に保有するほどリスクが […]

NEWS お知らせ